2016年01月23日

広大維新塾 最終発表

お元気様です!

そして、あけましておめでとうございます!

1月も下旬に入り、遅きに失した感はありますが…

なかなか更新できなくて、ごめんなさい…!(>_<)



2016年初投稿は、


初めまして!「ぼす」が担当します

BOSS」でも「ボス」でもなく、「ぼす」です。



新しいメンバーも加わって、広大CARPは日々成長発展しています!

2016年も、より大きく飛躍できるように、様々な活動を展開していくので、よろしくお願いします



さて、去る1月13日、広大維新塾最終発表が行われました!!

後期の広大維新塾の集大成ということで、教授1名議員1名をお迎えしていきました!!

お忙しい中来て下さり、本当にありがとうございました。



中間発表では、安保問題青少年問題について取り扱いましたが、
今回の最終発表では、安保問題に絞って発表を行いました。

具体的には、
従軍慰安婦
集団的自衛権
の二つです。



”社会問題に対する理解を深め、
平和な世界を築くための解決策を提示する若者を育成します!”


という趣旨と、

「私が首相だったら、こんな法案作ります!」

というテーマを掲げて勧めてきた維新塾。

今回は、学生自ら考えた2つの法案を提示し、
問題解決に向けてどちらがより効果的かをディスカッションしていきました。


従軍慰安婦では、
元慰安婦の人たちへの補償に焦点を当てて、

1.両国の合意に関する文書に調印してから21年間で不可逆的解決とする

2.被害者のみ会員の団体を設立し、その組織に対して首相の直接公開謝罪と生涯の保証を行う


の2つの法案を提示。


5つのグループに分かれて話しあった結果、
全会一致で1の法案が可決されました。

ホットな話題ということもあり、熱い議論が交わされました。



次に集団的自衛権では、
最大の争点となっている憲法問題について解決しようということで、

1.改憲せず、政府の政策的選択とする。

2.改憲し、日本国憲法9条3項を追加する。
3項「前項の規定は、個別的又は集団的自衛権及び、自衛のための必要最小限度の戦力の保持を害するものではない。」


の二つの法案(政策案)。


議論の結果、こちらも全会一致で2の政策案が選ばれました。

改憲して、すっきり自衛権を行使できるようにしようという意見が多かったです。



今回もOBの先輩や、留学生の方を交えての議論は、非常に深まりがあって勉強になりました。

参加者の感想としては、
「普段はなかなか考えることのないことについて話し合えて非常にいい経験になった。」
「参加者が広い視野を持つことに繋がる有意義な取り組みだと思います。」

私も、国、社会をもっと良くしていきたいという思いを持った学生、大人たちが集まり、
真剣に語り合う姿に感動しました

世界の問題を自分の問題として捉え、
世界を自分の懐に抱くことが出来る人

になっていきたいですね。



今年度の広大維新塾は最終発表をもって、一旦一区切り。
次回はよりパワーアップして、来年度前期から再始動です!!

社会問題に興味がある人
日本を変えたい!世界を変えたい!という志を持った人
なんか楽しそうだから行きたいという人
どなたでも大歓迎です


これからも
広大CARP広大維新塾
よろしくお願いします



以上「ぼす」でした
posted by 広大ひよこ at 19:23| Comment(4) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする