2016年05月01日

祈りの力ってすごい!世界平和を願うひとができること


お元気様です。
久しぶりに登場の信(まこ)でございます。


自分には何もできないけど、祈ることはできる


最近思うことがありまして…
自分ってすごく小さいな、と。

社会にいろいろ問題が起こっているわけですよ。
世界を見てみれば、貧困、飢餓、紛争など、
どうしようもない問題があって、
国内だと先日発生した熊本の地震が起こりましたし、
個人の面においては心を病んでしまうひとも多い。

こういうひとたちを全員救えればいいんですけど、できない。
目の前の一つの命を救えればいいんですけど、それすらできない時だってある。

じゃあ、こんな小さい自分はどうすればいいのか。

それを考えたときに思ったのが、見出しにも書いた「祈り」です。

自分には経済力もなければ何もない。
小さい身体一つしかない。
でも、祈ることはできるのではないか。

自分は世界のいろいろなところには行けないけれど、
その地に思いを馳せることは出来る。
お金は持っていないけれど、
その地に住む人が豊かでありますように、幸せになりますようにと祈ることはできる。

それくらいならできるのではないか、
と、思ったわけです。


「祈り」はただの宗教上の行為ではない


日本人が「祈り」と聞くと、

宗教ですか?
自分は特に何も信じていないですけどね。

と反応する人も多いと思います。

しかし、祈ることって意外と身近なことではないかと。

神社に行けばお願いする。
お墓に行けば手を合わせて祈る。
これも一種の「祈り」、「祈祷」です。

また、祈りって結構重要なのではないかと。

古代において病気を治すときは
地域の祈祷師や呪術師なんかを呼んで、治療してもらっていたわけです。

そして、最近でも、
祈りと医療が関連付けられて考えられることもあるそうです。

医者が学んだ祈りの力 自然治癒のパワーを細胞に取り込む生き方 -
医者が学んだ祈りの力 自然治癒のパワーを細胞に取り込む生き方 -

祈りって人を助けるんですね。

具体的に大きな力にはならないかもしれないけれど、
私の小さな「祈り」が誰かの支えになっている……
かもしれない。

そう思いながら、世界のために何かできないかと身もだえしているそこのあなた!
祈ってみましょう。

何か見えるかも……!?



以上 信(まこ)でした!

posted by 広大CARP at 00:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 一言 | 更新情報をチェックする

熊本地震の被災者の方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

熊本県を震源とする地震により亡くなられた方々とご遺族の皆様に対して、
謹んでお悔やみを申し上げます。
また、地震で被害に遭われた皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興を願うとともに、
被災された方々が平穏な日々を取り戻すことが出来るよう
お祈り申し上げます。
posted by 広大CARP at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする