2016年07月01日

カエルの楽園

お元気様です。レイです!!


じめじめとした季節に入ってきましたね


雨が降っていて、外で何かしようにも...。



という時には読書が一番!



ということで、日頃あまり読書をしない自分ですが(前回の投稿に便乗して)最近話題になっている本があったので読んでみました。



今回読んだのがこれです!




カエルの楽園 -
カエルの楽園 -



はい、今の時季にぴったりですね



『永遠の0』の著者である、百田尚樹さんの作品です。本人曰く今までのなかで、最高傑作なんだとか。




簡潔に内容をお伝えしますと....。






あるカエルの国がありました。



カエルの世界は厳しく、カエルどうしが争い、多くの天敵から逃れながら必死に生きていました。



しかし、そのカエルの国は長年争いもなく、平和に暮らしていました。



この国のカエルたちは平和な国を維持するために、ある戒めを大切にしていました。



「カエルを信じろ、カエルと争うな、争うための力を持つな」



この三戒と呼ばれる決まりを大切にしているおかげで、国の平和が保たれていると思われました。



国の隣に住む凶暴なウシガエルからも、この戒めがあるおかげで守られていると信じられてきました。



しかし、ある時、隣の国のウシガエルが国の近くまで入ってきました。



国のカエルたちは慌てふためきます。



そのとき、その近くを一匹の鷲が通りかかりました。この鷲はカエルの国の近くに住む住民です。



すると、ウシガエルが自分の住処に戻っていきました。



カエルたちは安心して、こう言いました。



「やっぱり三戒の力はすごいな〜!」



こうしてカエルたちはこの『三戒』と呼ばれる決まりを守り、信じ続けました。



そして、決して自分たちから争いごとをしない。争わない、と固く誓いを立てるのでした。
たとえ、ウシガエルがこの国に攻め入ったとしても...。





とまあ、こんな感じで話は続いていきます。



もうわかりましたか?



このカエルたちは何を比喩しているのか?三戒とは?



そうです。この話は何を示唆しているのかというと、憲法9条を守り続ける我々日本のことを示唆しているのです



日本が憲法9条を守り続けると、この先どうなっていくのか?



それを百田尚樹さんはわかりやすく、咀嚼しながらこの本を通して伝えているように感じます。



まあ、あくまでも比喩ですけどね。



最終的に、このカエルの国がどうなっていくのかは、皆さんの目で確かめて見て下さい。



今の日本の現状を知るのに、とてもわかりやすい本だと思います。



自分はこの本を読んで、改めて改憲の必要性を感じさせられました。



最近また、中国が日本の領海に侵略してくるというニュースがありました。



確実に今の日本は中国からの脅威にさらされています。



そのことを本当に感じている人はどれだけいるのでしょうか?






posted by ヒューマ at 18:58| Comment(3) | TrackBack(0) | こまちの読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする