2016年10月25日

ちょっとした困りごと

お元気様です

お久しぶりです。ぼすです。

10月ももう下旬。日に日に寒さが増し、冬の気配を感じる今日この頃。いかがお過ごしでしょうか。



さて、先日は、以前からお世話になっている「いきがいサロン」の集まりにお邪魔してきました!
優しい笑顔にコーヒーとお菓子を添えて、温かく迎えてくださいました。


今回は、「普段の生活で何か困っていること」をテーマに話し合いました。

聞いてみると、大学生の視点では見えない、気づかないことが多くあり、とても新鮮でした。
例えば、
点字ブロックのちょっとした段差でつまずいてしまう
老人ホームの空きがない、そういった施設をもっと増やしてほしい
地域の自治会でのイベントが減ってしまった
足が悪くてゴミ出しや庭の草取りが大変
などなど。

今すぐに解決するのは難しそうなものもありましたが、ゴミ出しや草取りは工夫すれば簡単に解決出来そうですね。

そういった日々の暮らしの「ちょっとした困りごと」を解決するために、東広島市社会福祉協議会が「そよかぜねっと」というものを行っているそうです。

それは、「そよかぜさん」がちょっとした困りごとを一緒に解決するというもの。1時間300円で2時間まで利用できるそうです。
そよかぜさんは誰でもなることができます。地域貢献、地域交流ができるとってもステキな取り組みですね。


話し合い自体は笑顔が絶えず、終始和気あいあいとした雰囲気でした。
お話しを聞きながら、困っていることを少しでも減らして、よりよい地域を創っていきたい!と感じました。

帰る際には柿とみかんをお土産にくださり、後日サークルのメンバーで美味しくいただきました。
ありがとうございました


いきがいサロンの皆さんは優しくて、お会いするたびに心が温かくなります。本当の家族のような感じがして、とても居心地が良かったです。
私たちも、そのような家族文化を私たちももっともっと地域、社会に広めていけるように頑張ります

以上、ぼすからでした。
posted by ヒューマ at 01:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 喜ばせ隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする