2012年12月16日

バカになればいいんだよ。

こんにちは。こまちです。
町はそろそろ、クリスマスカラークリスマスに染まってまいりましたね。

最近広大CARPのみんなは中間テストで忙しそうですが、文学部のこまちさんはそんなものどこ吹く風晴れなのであります。

なので、この時間を利用して少しでもCARPに貢献したい!手(グー)と思いまして、記事を書くことにしたしだいです。


というわけで、今日は皆さんお待ちかねのこまちの読書感想文本をお送りしたいと思いますダッシュ(走り出すさま)




今回ご紹介するのはこちら。

01_spx280.jpg
『奇跡のリンゴ』(石川拓治著)


この本については、以前このブログでもみどりさんが触れていましたよね。
あらすじはここでご確認ください!
みどりさんの記事


「絶対不可能」と言われたリンゴの無農薬栽培を、8年にも及ぶ試行錯誤の末に実現した一人の男の物語。



いや、感動でした。本当に。



一応「8年にも及ぶ」って書いているけど、本当は木村さんの苦労ってそんなものじゃないんですよ。
リンゴが世に認められて、本当にちゃんと生計を立てていけるようになるまで、実に10年近くも苦労しているんです。




挫折に次ぐ挫折周囲からの冷たい目終わりの見えない極貧生活・・・・
木村さんの大きな夢の前に立ちはだかる現実は、あまりにも厳しいものでした。





それでも、木村さんは、挑戦することをやめませんでした。
やめられなかった、と言ったほうが正しいのかもしれません。

ここで自分が諦めたら、もう誰もそれをやろうとはしない。
自分が諦めるということは、人類が諦めるということなのだ。

そんな思いに突き動かされて、木村さんはリンゴの無農薬栽培という夢にしがみつき続けます。




そしてついにすべての希望が尽き、本当のどん底に突き当たった時、木村さんはある不思議な体験を通して、一つの答えにたどり着くのです。



その「答え」が何だったのかは、この本を読んで確認してもらうとして。




それにしても、木村さんという人はすごい。本当にすごいんです。
読んで下さればわかるんですが、自然だとか、人生だとかに対する考え方や、向き合い方が全然違う。
木村さんの言葉には、はっとさせられることが多くあります。
しかもそんな数々の名言を口にしておきながら、本人は何を言ったかよく覚えていないというこの、超越しちゃってる感。




そして、見てくださいこの満面の笑顔左斜め上
見てるこっちまで元気が出てきます。
これがあの、地獄のような日々を通過してきた人の顔だなんて到底思えない。



でも、読んでると、その苦労があったからこそ、木村さんはこんな風に笑えるのだなあということが、しみじみわかってくるんです。





「バカになればいいんだよ」
と、木村さんは言います。

バカになるって、そんなに簡単なことではない。
でも、つらくて苦しくて、どうしようもなくなったとき、死ぬくらいなら、その前に一回はバカになってみたらいい、と。

「ひとつのものに狂えば、いつか必ず答えに巡り合うことができるんだよ」、と。



本当にその通りの人生を歩いてる方だな、と思います。



私たちはと言えば、何かを始めても、なんどか壁にぶちあたればすぐに投げ出してしまうことがほとんど。
そもそも、たいていは
本当にその答えを見つけたい!!
死んでもそれを成し遂げたい!!

という、信念というか、強い思いがないですからね。





でも、せっかくの人生。
本当にこれだけは譲れない、と思える何かひとつのことに、一度くらいは死ぬ気で取り組んでみたいじゃないですか。




そういう経験をした人じゃないと絶対に見えない世界があるのだと、木村さんの物語は教えてくれます。


月明かりに照らされた「リンゴの木」の葉の輝き。
8年ぶりに咲いたリンゴの花の美しさ。
たった2つだけ収穫できたリンゴの、美味しさ。



そんな世界を私も見てみたいなあと思わされました。




みなさんには、
人生をかけて取り組めるひとつのことがありますか?





そのひとつをみつけて、バカになること
これができれば、誰もが木村さんのような、素晴らしい景色を見ることができるはずです。




ぴかぴか(新しい)バカになれる人生ぴかぴか(新しい)を、私たちも歩みたいものですねかわいい






というわけで、こまちの読書感想文第3回でした。
いつもながらの長文を読んでくださってありがとうございます。
まだこの本読んだことないって方はぜひ読んでみてください。

ちなみに言うと、このお話2013年に映画化されるそうです。
こちらも大注目ですね!
posted by 広大CARP at 01:33| Comment(4) | TrackBack(0) | こまちの読書感想文 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
木村さんすごいよね!
私も頑張らなければといつも励まされます。
Posted by みどりむし at 2012年12月17日 15:32
 とても感動的ですね。
信念を曲げようとしないところは
本当に素晴らしいと思います。
 周りの反対に押されるのではなく
誰かのためにという思いがあるなら
信じて挑戦しないといけないですね。
Posted by 和彦 at 2012年12月17日 15:49
 本当に素晴らしいですよね。
革命を起こすために何もかもを
犠牲にする姿は希望的です。
 信じる強さを教わりました。
Posted by 和彦 at 2012年12月19日 11:54
読書感想文だけで感動してきた……(涙)

また読んでみます!
Posted by 流星 at 2012年12月19日 16:39
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/307873275
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック