2013年06月29日

愛とは、生きる力。

こんにちは。こまちですかわいい
六月ももうすぐ終わりですが、相変わらずここ西条では雨が降り続いております小雨


最近は5月病ならぬ6月病がはやっているらしいですが、皆さん気持ちが沈んだりしてませんか??



そんな時には

映画を見ようグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)



というわけで
みんなで映画鑑賞会しました。


今回見たのは…


ばばん

remize.png


ぴかぴか(新しい)レ・ミゼラブルぴかぴか(新しい)







ヴィクトール・ユゴーの原作は小学生のころ読んだことがあったのですが
映画は初めてでした。




一言で言うとですね…

めっちゃよかったです!



ミュージカル映画ということで
全編歌ってどんなもんなのかなと思ってはいたのですが


いやー
最初から鳥肌立ちまくりでしたね。



過酷な労働に従事する囚人たちの歌
貧困に苦しむ市民たちの歌
革命に立ち上がる若者たちの歌



登場人物一人ひとりの苦悩や葛藤もぜんぶメロディ―に乗せて歌いあげられていて

そのどれもが胸に迫ってきました。


特に有名な「夢やぶれて」
「民衆の歌」は良かった!



魂が揺さぶられるってこういうことなんだなあ…と思いましたね。
やっぱり歌はいいなあるんるん




そしてやっぱりストーリーがよかったです。
いろんなことを、深く考えさせられました。






題名のLes Misérables(悲惨な人々)が示すように
この物語に出てくる多くの人たちは幸せな人生を送ったとは言えません。

信じたものに裏切られ、夢見たものははかなく消え去り、やっと手にした幸せはいくらもたたずに遠のいていく。

そんな絶望に、誰もが苦しみます。





でも
そんな暗闇の中にあっても愛の力だけは光を失わないのだと、この物語は教えてくれます。



憎しみに支配されていたジャンバルジャンを救ったのも
彼に初めて生きる喜びを与えたのも
すべてを失ったマリウスを立ち直らせたのも

愛の力でした。



愛されるという希望、そして愛するという喜び。



「愛とは、生きる力」
というこの映画のキャッチコピーがしみじみきました。




この物語の舞台は19世紀。
ナポレオン戦争や7月革命などの影響で、フランス国中が混沌の中にあった時代です。

私たちの暮らす今の日本は、それとは比べ物にならないほど豊かで恵まれています。

しかし、この物語の中に描かれる絶望は、大なり小なり私たちのまわりにもあるのではないでしょうか。


信じたものに裏切られ、夢見たものははかなく消え去り、やっと手にした幸せはいくらもたたずに遠のいていく…


身近な誰かが、
あるいは自分自身が
そんな現実に打ちのめされそうになるとき、


力になるのはやはりなんだろうなあと思います。



どんな暗闇も照らし出せるような
愛の光を持てるようになりたいですねぴかぴか(新しい)







というわけで
皆さんもぜひ見てみてください!
ハンカチ&ティッシュの用意をお忘れなく(つ∀`)。


posted by 広大CARP at 01:50| Comment(5) | TrackBack(0) | イベント | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
福大carpの太陽です(*^^*)

「愛とは、生きる力」
深いですね( ノω-、)

絶望の前に愛の力で
立ち上がる...
良いですね!
ミュージカルは
もともと好きなので
観たくなっちゃいました(≧∇≦)
Posted by 福大carp:太陽 at 2013年06月29日 18:00
いや~これは本当に見たい!
近いうちに必ず、必ず見ます…!!
Posted by ぱんぱんぱぱぱんな at 2013年06月29日 18:59
こまちさん
素敵なレビューをありがとうございます。ぜひ見てみようと思います。
しかし、小学生でレ・ミゼラブルの原作をよむとは・・・さすが広大ですね。
私はかめはめ波がうてると思っていました。
これからも更新楽しみにしていますよ。
Posted by サボテンマン at 2013年06月30日 18:34
東北大CARPのhoyminです。
レ・ミゼラブル、東北大CARPでも観ました!
子女への愛、親への愛、国への愛、、、
愛の力は本当に大きいものですね。
Posted by hoymin at 2013年07月02日 18:11
私も見たい!
愛とは、生きる力!!!
ん~、見たい!
最強の二人も見たい!
見たいものいっぱいで困りますね!

かめはめ波打ちたいですね!
Posted by み at 2013年07月04日 19:29
コメントを書く
コチラをクリックしてください
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367801976
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック