2014年08月29日

あたりまえだけど、あたりまえじゃない。

こんにちは!かわいい

毎日暑いなあと思っていたら
最近降り続いてた雨のせいか
朝晩涼しい風が吹くようになりましたね。


今日広島市内の駅に行ったら「鈴虫プレゼント!」みたいなのやってましたよ。
気付けばもうすぐ八月も終わりなんですね。



毎年夏の終わりが近づくとさみしい気持ちになる、こまちです。

今日はお久しぶりのこまちの読書感想文を書くべくやってまいりました。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)





今回ご紹介するのはこちら

BandPhoto_2014_04_22_19_51_14.jpg
『親のこころ』(木村耕一)
うしろのひとはきにしないでくださいね


この本には主に
全国各地、年齢性別問わず集められた
様々な人たちの「親とのエピソード」が紹介されています。

つまり子どもからみた親の姿や、親への思いが綴られているということですね。


このシリーズ全部で4巻ほどあるのですが、この度先輩が全部取り寄せて下さったようで


ありがたく4巻読ませて頂きました


いや…
泣けるっていうのは聞いていたんですけどね





案の定、感動しました。





ひとつひとつのエピソードは
そんなに大仰じゃなくて


ふとした一言とか
ささいな思い出とか


そういったものを綴った
短い文章なんですけど



でも
だからこそ
少しずつ、心にじわじわくるものがありました。




決して
派手なことしてたりするわけじゃないんですけど


言葉とか
行動の端々に
子どもを一番に想ってるっていうのが
にじみ出てるんですよね。





親のこころって
こういうものなんだなぁと思いました。




どんな「私」であっても
いつも想ってくれる


時には鬼になったりもするけど
いつでも私の幸せを願ってくれる



そんな存在がいることを知っているなら、こころづよいですよね。





この本には
一般の人の体験談とは別に、歴史上の有名人たちの親とのエピソードも載っています。


それを読むと
彼らの成功の裏には、親の尽力があったんだということがわかります。




私たちも
見えるところ見えないところで
たくさん親に支えられているんだろうな…




でも
なかなか気づけなかったりとか
素直になれなかったりもするんですよね。




私も最近ちょうど実家に帰ってたんですけどね。
なかなか難しいですね。
感謝しないといけないなとわかってはいるんですけどね。



この本に体験談を投稿されている方々も、大人になって、親になって、あるいは年をとって
はじめて親のこころに気付いた
はじめて感謝を伝えられた
という方、多いです。




それができないのは、まだまだコドモな証拠なのかもしれません…





でも
この本を読んで思ったのは
せめて
「親のこころ」をちゃんと
心にとめておこうということ。




私たちが当たり前のように過ごしている毎日は
数え切れないほどの苦労によって支えられているんだということとか



どんなに自分が悲しくて苦しくて
自分にはなんの価値もないんだと思える時でも
自分を愛し
幸せを願ってくれる存在がいるんだってこととか。





そういうことを忘れずにいれば
それはきっと、自分自身の心の支えになると思います。



そして
いつかちゃんと感謝を伝えられるようになったら
ちゃんと恩返しができるようになったら




そのときは
できるだけたくさん
今できなかった分まで
返したいなあと思うのです。




まあ
「孝行したいときに親はなし」
なんてことになったら悲しいので
今この時にも返していけるようにならないとですけどね!





というわけで
こまちの読書感想文でした!


この本を読んで

お父さんお母さん!!ありがとうぅぅぅ。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

ってなったら
ぜひその感謝を伝えてみてくださいね!ぴかぴか(新しい)
posted by 広大ひよこ at 20:16| Comment(4) | TrackBack(0) | こまちの読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今になって振り返ると、両親には全くと言っていいほど孝行できていなかったけど

これからできる限り、親孝行できるようになりたいもんです^^
Posted by みどりむし at 2014年08月30日 10:20
私も読みたい読みたいと思いながら読めなかった本です(泣
でもこまちさんのおかげで、今、この時にも、親に感謝する事って大事だなとつくづく感じさせていただきました!
私も頑張ろうっと!
Posted by ぽんた at 2014年09月11日 23:26
9月は敬老の日もありますね!
お父さんお母さんに合わせて、
おじいちゃんおばあちゃんにも
感謝の気持ちを・・・(uωu)
Posted by ぱんな at 2014年09月15日 09:03
親の心、子知らず...そのままだと結局後悔するのは自分なんだなと最近は感じます。

親を慰めいけるような自分になりたいですね。

Posted by やきお at 2014年10月02日 17:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404552884
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック