2017年06月20日

マインドコントロール理論に対する考察 その1 洗脳の実在

みなさんこんにちは!コールと申します。

今回からマインドコントロールに関する考察です。
しかし、マインドコントロールは洗脳の後に出てきた言葉であるため、マインドコントロールを理解する前に洗脳について正しく理解する必要があります。

◆「洗脳」の始まり…

 洗脳という言葉はアメリカで「brain washing」という概念が紹介されたのちに使われるようになりました。
この概念の出発点は「共産主義者の思想改造」でした。

朝鮮戦争時、中国共産党は捕虜にした米兵に対して思想改造を行っていました。
それについてCIAは、『アメリカ軍の兵士が共産主義になった。どのような思想改造が行われたのか。』
という報告書を書きました。
これがきっかけで「洗脳」が話題になりました。

そして、この問題に関心を持って取材したのが
エドワード・ハンターというジャーナリストです。
彼は中国共産党の洗脳テクニックを著書で紹介しました。
それ以来「洗脳」という言葉が一般によく知られるようになりました。

◆人の心は簡単に操れない!?

続いて、実際に洗脳は事実なのか、心理学者や精神科医がこれを専門的に調べようということで、
『思想改造の心理』(1979)という有名な著書がR・J・リフトン(精神科医)によって書かれました。
この著書はリフトンが収容所から帰還した米兵に対して行った聞き取り調査に基づいてまとめたものです。

著書は洗脳理論の古典として知られており、ほとんどの「マインド・コントロール」論者は、
最初に「過去の業績としてこのような先見的な研究があった」
というところからと説き始めるという、定番になっている研究です。

 リフトンは著書の中で洗脳のテクニックとして、「環境コントロール」、「特殊用語の詰め込み」、「教義の優先」などからなる8つの要素をまとめ、これらによって洗脳がなされるとしました。

しかし、リフトンはこれらを中国共産党が使用したテクニックと描写はしましたが、人の心が簡単に操れるとは言っておりません。

◆「洗脳」って効果あるの?

リフトンは最終的な効果について、
「彼らを説得して、共産主義の世界観へ彼らを変えさせるという観点からすると、そのプログラムは
たしかに失敗だと判断されなければならない」

と、結論を出しています。

どういうことかというと、捕虜になった兵士たちは「共産主義者になれ」と、
強制収容所で教育を受けます。
つまり、身柄を拘束され、銃で脅されたり拷問を受けたりするので、
みんな表面上は服従し、共産主義者になります。
しかし、その拘束から解放されると、すぐに元に自分に戻ってしまうのです。
ごく一部ですが、
永続的に共産主義者になった人もいたそうです。
しかし、それはもともと反権力的、左翼的な考えを持っていた人でした。
そういった人たちは共産主義の思想に共鳴して共産主義者になりましたが、
大半は外面的な服従のみで、心から共産主義者になっていなかったのです。

研究の結果としてこれらのことがわかったため、リフトンは
「拷問や監禁などの手段を用いても、
人を共産主義の世界観に変えることはできない。」

という結論を書きました。

 しかし、「洗脳」や「マインド・コントロール理論」を唱える論者の大半は、
「マインド・コントロール理論」の先駆的な業績としてリフトンの研究を参照しているにもかかわらず、
洗脳の有効性を否定するリフトンの結論までは言及していません
それは、この結論によって洗脳を行う難しさが明らかになり、
「マインド・コントロール理論」を主張できなくなってしまうため、
あえてこの結論を避けているのです。

◆私を変えるのは私!

最後にこの文を読んで思ったことを書きます。

私は、「私」の意志がなければ自身を変えることはできないと思います。
というのも、部活動の練習や自己啓発本を読む目的は今の「私」を少しでもより良い「私」にするところにあると思うからです。

だからこそ必死になって学んだり、実践したりするのではないでしょうか。
以上で終わります。ありがとうございました。
出典:魚谷俊介著(2011年)「カルト、マインド・コントロール理論の批判的考察」W-CARP JAPAN 広報渉外局
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック