2017年05月22日

カルト論に対する考察 その1


みなさんこんにちは!
早くも広島大学4年生になってしまった椿です!

あれ、ブログ書くの初めてかも。。
書いてたとしても結構前ですね!Haha


私たちは広大CARPとして誇りを持って活動しています。
しかし、活動していると批判されることがしばしばあります。
もちろんそれらの批判に対して、潔白を証明することができます

今回から数回に分けて
その批判の主な内容であるカルトマインドコントロールについて書きたいと思います。
中心となって反対している人の中には利益を得るために活動している人もいるようです。

是非この記事を読む方は正しい見識を持って情報を判断してください.



◆「カルト」は中立的な概念だった

「カルト」は元々、何かを崇拝する祭儀などの意味がありました。

近代的な意味で使われるようになったのは、デュルケームやマックス=ウェーバーによって確立された、宗教社会学の中の一概念として使われるようになってからです。

ここでは善悪を分けない価値中立的な概念として使われています。


宗教社会学的なカルト概念には大きく分けて2つあり、

その1つはアメリカの宗教学者ハワード・ベッカーによって提示された、
緩やかな組織を特徴とするカルト概念です。

ここでの定義は、
カルトとは緩やかで散漫な組織を持ち、明確な境界線がないことを特徴とする宗教団体」で、
例としては心霊術、占星術などがあります。

他に同様の定義をした学者には、コリン・キャンベル、ロイ・ワレス、メレディス・ワクガイア、ウィリアム・スワトスなどがいます。

 もう1つは、異質あるいは革新的な信仰を特徴とする概念です。
集団的としての構造的な要素ではなく、
その国や社会の主流の宗教文化と信仰内容や信仰内容が極めて断絶している場合に、
そのような団体を「カルト」と呼んでいるものです。



◆「異端」のキリスト教団体


次に、福音主義派という、キリスト教の中でも聖書を文字通り信じる教派における、福音主義的なカルト概念というものがあります。

ここでは、キリスト教の福音主義的な正統から逸脱した「異端」のキリスト教団体を「カルト」と呼びます。



◆ 悪いイメージを張りつけるためのレッテル


そして、三つ目に通俗的でジャーナリスティックなカルト概念です。
ここでは全体主義的で権威主義的な指導体制を持つ宗教集団を「カルト」と呼び、
一般的に極めて侮蔑的に使われます。

もともと学問的に「カルト」には、きちんと価値中立的な定義があったにもかかわらず、
マスコミによってこのような「カルト」概念が乱用されることにより、
その専門的な意味が覆い隠されてしまっています


このような状況に、多くの宗教学者が注意を促しています。
代表的には、ジェームズ・T・リチャードソンというアメリカの宗教学者です。

彼は、
このようなマスメディアによるカルトの用法が意味しているのは『カルトと自分とは相容れないものである。嫌悪すべきものである』ということだ。
そのような『嫌いだ』という感情を、『カルト』という言葉で表現しているに過ぎない。
このような使い方は、特定のグループを攻撃するためのラベルになり、社会的武器になってしまう。

と嘆いています。


このように、一言に「カルト」と言っても複数の意味を持ち、多義的で曖昧な言葉であるのです。

また、何か悪影響を引き起こしている集団を「カルト」というのではなく
あくまでも発言者が「怪しい」、「嫌い」という主観的な感情に基づいて、身勝手に発言しているのではないでしょうか。

その結果、現在では悪い意味になってしまった「カルト」という言葉がひとり歩きしているように思えます。



◆ まとめにかえて
  日常の中にある多義的な言葉



今回の記事はここで終わります。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
言葉というものは難しいですね!


このように定義の曖昧な言葉は日常生活にたくさんあると思います。(ここからは僕個人の意見です。)


「カルト」とは少し違うかもしれませんが、しばしば耳にする「ばか」、「ブス」などの言葉も近い印象を受けます。

これらも定義が曖昧で、かつネガティブな意味を持っています。
このような言葉が相手を非難するために用いられた場合、
言った側はすっきりしますが、言われた側は否定することが難しい(定義が曖昧なため)ため
理不尽でも言葉を受け止めるしかありません

主な言う側の心理は、
あなたと私は違う、あなたよりも私の立場は上だ
といったところでしょうか。

これらは言った者勝ちの言葉なのです。

僕も、このような多義的な言葉で人を傷つけないように気をつけようと思います。
同じ多義的でも、ポジティブな意味なら使っていきたいですね!



今度こそ終わります
Thank you for reading!



(出典:魚谷俊介著(2011年)「カルト、マインド・コントロール理論の批判的考察」W-CARP JAPAN 広報渉外局)

2017年04月26日

いきいき百歳体操!!



お元気様です

すっかりブログ常連さんになってしまった信(まこ)です。
実は広大CARPにはさんしかいないなんてそんなことはありませんよ!!



今回は以前からお世話になっている地域のコミュニティ
生きがいサロン
に呼んでいただき、お年寄りの方々と一緒に

いきいき百歳体操

なるものをやってまいりました!
3年生のハッピーくんと一緒に参加しました。

jc9Ud017svcdvdwf2fl6hfc_hqpcdc.jpg

この黒と青のバンドみたいなやつに200グラムの重りを入れて
手首や足首に巻いて
体操します。


高知発祥のいきいき百歳体操

背もたれのある椅子重りを用意し、
DVDを見ながら挑戦していきます。


東広島市では、介護予防に取り組むため、
通いの場を住民に自主的に設けてもらい、
この百歳体操を週に一回実施してもらう
という試みを行っているようです。


最初の4回保健師や作業療法士の方がサポートしてくれるそう。


今回、生きがいサロンではお試しということで
保健師の方をお呼びして、
いきいき百歳体操に取り組んでいきました。



と、いうわけで
手首に重りをつけ、


いざ、実践!!

hc9Ud017svcydlmzi3m5r27_4ef0jl.jpg


体操と言えば、
夏休みはおなじみのラジオ体操とか


おとなりの山口CARPが開発した山大体操
(気になる方は詳しくはこちら
https://www.youtube.com/watch?v=O08RDBTmquY

みたいな元気に動く体操
を想像しますよね。


しかし
この「いきいき百歳体操」はちょっとちがった!


腕を前や横に上げる、


膝を伸ばす

bc9Ud017svckcssrjs5vwsr_m5fldt.jpg

など、
簡単な動きを
ゆーーーーーっくり
と行うことがポイント!


これなら
体を動かすのが大変なお年寄りの方でも簡単にできる!




そして、
DVDで一緒に踊ってくれるお兄さんの恰幅が結構良い!(笑)


細身のプロの方がお手本だと

あわわわわヽ(´Д`;)ノ
私にもできるのかしら……


不安になってしまいますが、


このDVDに対しては、

この人にもできるなら大丈夫だ!

と、ハードルの低さを感じるおじいちゃんとおばあちゃん方。


「私でもできそう!という気持ちを起こさせる工夫があるんですね!



やってみると意外と筋肉を使いますね。

今回は体験版で短めのものだったのですが、
本来ならば40分かけるとのこと。


40分版をやっていたら筋肉痛になっていたんじゃないかと
筋肉の衰えを感じた信さん(20代前半)。


まあ私のことはどうでもいい!




この体操を行うことで、

・認知症予防
・転びにくい体になるので、
 骨折により寝たきりになるのを防ぐ
・体重・血糖安定化


などの効果があるみたいです!

何より近所の皆で集まって行うので
一緒に頑張ろう!
と思えるから続けやすいですね。

心も元気になりそうです





体操後はいつものようにお茶会

手作りのケーキをごちそうになりました。
とてもおいしかったです(*´ω`*)


(消費したカロリー以上に食べたんじゃないかとか細かいことは突っ込まないでください!)



若い人が一緒に活動するだけで喜んでくれるおじいちゃんおばあちゃん方。
私たちも心がほっこりしました。

ハッピーくんも心が安らかになった様子。

地域の方々の支えになれたらうれしいですね。



生きがいサロンには今年度もお世話になります。

ここから地域に家族のような関係性・つながりを築き、
希望を発信していきたいですね



以上信(まこ)でした!


posted by 広大CARP at 15:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 地域活動 | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

「喜ばせ隊」祝100回目!


お元気様です!

久しぶりの更新ですね。
遅くなって申し訳ありません


今回は新しい年度が始まって一つ学年が上がってしまい感慨深いものを感じている信(まこ)がお送りします!

広大CARPは
「一人一人が希望を持ち、ために生き合いたくなる大学・地域・社会を創ります!」
というVisionを掲げて今年度も頑張っていきます

希望の発信源として、家族のように思いやりを持ちあっていける関係性を広めていきたいですね







さて、昨年度から「喜ばせ隊」と名付けて行っている自転車並べ。
このたびなんと


オオオオオオオオオオオオオオオ!(ノ゚□゚)ノ




100回目




を迎えました!
いやー、すごいですね。
こんなにやっていたとは……!


ええ、我らが頼もしい先輩であるレイさんがカウントしてくださっていたんです!


昨年度はサンタになったり

サンタ.jpg

豆まきしたり

まめ.jpg

いろいろありましたね

今年度も何か新しい企画が水面下で進行中……かも!?
乞うご期待!!


今年度も駐輪場の自転車はひしめき合って大変なことに……
引き続き、喜ばせ隊は広島大学の駐輪場からありったけの愛を発信していきます

よろしくお願いします。



以上信(まこ)でした!


posted by 広大CARP at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 喜ばせ隊 | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

2/17 生きがいサロン

お元気様です。レイです!


大学は長期の休みに入りましたね。


長期の休みに入るとブログの更新がストップしてしまうという悪しき慣習を止めるため、私レイが参上して参りました。



なんと本日2月25日国公立大学の前期入試なんですね!



大学に入っていく受験生を見ると、自分が受験生だった頃の記憶が思い返されます…。



今までの成果を思う存分発揮して欲しいですね!




さて、今回は地域のお年寄りの集まりである生きがいサロンに参加してきましたのでそのことを少し。


今回は私レイコール君の2名が広大CARPから参加し、そこで折り紙を一緒に行いました!



しかも今回は地域センタのーの方が来てくださり、折り紙の折り方を指導していただきました。




私レイとコール君も折り紙に挑戦!










ヾ(´゚Д゚`;)ゝ エーット・・・











(・へ・;;)うーむ・・・・










ヾ( ̄0 ̄;ノ オーット!








とまぁいろいろありながら完成したのがこちら!





i9cUd0155fuoq8fkqv2y_2rplf5.jpg





おおーー!




もうすぐひな祭りが近いということで、ひな人形を折りました。



なかなかの出来栄え




これを家に飾ってひな祭りを迎えたいと思います



その後もおじいちゃんおばあちゃんとお喋りをしながら、一緒に楽しい時間を過ごしました。




また地域センターの方に話を伺う中で、学生が地域に必要とされていることが分かりました。



その施設で児童と触れ合ってくれる学生を募集しているそうです。



地域のニーズは、まだまだ自分たちの知らないところにもあるなと思わされました。




これからも少しでも地域に貢献できる活動を展開出来たらと思います!




以上レイでした!





posted by 広大CARP at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域活動 | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

希望プラネット ~平和部門~


お元気様です。
最近おなじみになってしまいました、信(まこ)です。

新参者の楽くんたちが、とんどで心温まる体験をしていた日の

前日!
(ブログのアップの順番が前後して申し訳ありません。)

実は広島大学内でアレが行われていたんです!!


そう、久しぶりの広大維新塾……



ではなくて!



「希望プラネット 平和部門」

です!




説明しよう、「希望プラネット」とは

学生が学んでいる専門分野や、最近調べたちょっといいことなど、
自分が何か発表したい!と思ったことを発信していく中で、
お互いが持つ希望を共有し、広げていく場である。


Visionは、
未来を創る若者になります!

Missionは、
一つの視点や専門分野にとらわれず、多角的な視点でより正しい知識を身につけます!


そして、後ろに「平和部門」とついているのはどういうことかというと、
特に平和に関わる分野についての発表をしていくということである。



と、いうわけで


今回のテーマは「平和構築」でした。


平和構築とは、その名の通り平和を構築していく学問です。

もっと詳しく説明しますと、以下のようになります。


戦争・紛争によって、
まず、国の政府や政治制度が機能しなくなる
また、多くの生命が失われ、インフラが破壊しつくされ、教育も滞り、仕事もなく、そもそも食料や水もない……

このような戦争によって壊されてしまった社会を再生し、
戦争が再び繰り返されないような和平と安定を実現していくことが、平和構築です。


平和構築において取り組むべき具体的な課題は、
戦争終結、政治制度の整備、統治の安定実現、武器回収、経済の立て直し、インフラ整備など様々。


今回注目したのは、「コミュニティ・レベルの平和実現」です。

紛争解決といって想像するのが、国連などの国際社会が国に働きかけて停戦・和平合意を進めることや、政治制度などの再構築を行うこと。

しかし、国レベルで和平合意がなされたからといって、
その国における住民のコミュニティ・レベルまで平和が定着しているとは言えません


紛争中には、主には政府側の軍隊反政府武装集団が争います。
しかし、政府の側も反政府武装集団の側も、複数のグループが存在することがほとんど。
内戦の発展に伴って、武装組織はくっついたり離れたりしますし、新たな組織も雨後の筍のように生まれるからです。

さらに市民が武装する場合もあり、
外部から見た場合、誰と誰が殺し合っているのかわからない
隣人同士で争っている
といった事態がしばしば発生します。


このようにして、内戦中に、民族と民族、村と村の間に確執が生まれ、
国レベルでの大きな戦闘が終わっていても、
コミュニティ・レベルではまだ市民同士が争っている
、という場合があります。

そういった中で大切なのが、今回取り上げたコミュニティ・レベルでの平和実現。


紛争後、コミュニティの中には、

もともとの定住民、
紛争中にそのコミュニティを離れていたけれど、紛争が終わったため帰還してきた人、
他の場所から移住してきた人、
動員解除された元兵士、
紛争のため元の場所に住めなくなって避難してきた国内避難民

など、様々な背景を持った人がいます。


民族と民族、村と村といったコミュニティ同士での争いを防ぎ、
かつ、コミュニティ内に存在する人たちが争わないで、
平和をコミュニティ・レベルにまで定着させるにはどうしたらいいのか?


今回は
「コミュニティ・レベルでの平和の実現に向けて、どのような支援が考えられるか?」
というテーマでディスカッションを行いました!

13aUd015n1b3tamx3mko_fg8drk.jpg

出てきた意見をいくつか紹介します。


〇 祭りを開く

敵対している民族のメンバーが協力し、一緒に何かやれば仲良くなれるはず!
ということから、祭りのようなイベントを開けば楽しく交流できるのではないか。


〇 カフェ計画

カフェを作って、違う民族で6人集まらないと使えないテーブルを用意。
その席で食事をしたら割引になる制度を設ける。
いろんな国の料理を出すなど、文化交流を図っていくのもいいと思う。


〇 学校建設

学校を建てる際、敵対している民族の両方の子どもが入らなければ支援しない、という条件を作る。
親としては子どもに教育を受けてほしいので、子どもを学校に送るし、
敵対しないようにするのではないか。


今回もゲストをお招きしていろいろお話を聞く時間もあり、
メンバーたちも平和を具体的に実現していくイメージを持てたのではないでしょうか。

・発表やディスカッションの中で、今まで考えたことがなかったような、自分の中に無い意見を聞けて新鮮だった。
・平和を実現するにはどうすればいいのか考える時間になってよかった。
・世界のことをもっと知っていかないと具体的な平和には向かっていけないと思った

といった感想を聞きました。



私たちが学んでいる統一原理では、
人類が一つの家族のような関係になっていくことをめざしています。

その実現のためにも、まだまだ分裂と闘争の多い世界の現状や、
その中で行われている平和に向けた具体的な取り組みを知っていくことが重要ですね。


それではまた次回の勉強会を楽しみにしつつ、
この辺で失礼します。


以上信(まこ)でした!

posted by 広大CARP at 17:32| Comment(1) | TrackBack(0) | メタメディア | 更新情報をチェックする