2016年05月01日

祈りの力ってすごい!世界平和を願うひとができること


お元気様です。
久しぶりに登場の信(まこ)でございます。


自分には何もできないけど、祈ることはできる


最近思うことがありまして…
自分ってすごく小さいな、と。

社会にいろいろ問題が起こっているわけですよ。
世界を見てみれば、貧困、飢餓、紛争など、
どうしようもない問題があって、
国内だと先日発生した熊本の地震が起こりましたし、
個人の面においては心を病んでしまうひとも多い。

こういうひとたちを全員救えればいいんですけど、できない。
目の前の一つの命を救えればいいんですけど、それすらできない時だってある。

じゃあ、こんな小さい自分はどうすればいいのか。

それを考えたときに思ったのが、見出しにも書いた「祈り」です。

自分には経済力もなければ何もない。
小さい身体一つしかない。
でも、祈ることはできるのではないか。

自分は世界のいろいろなところには行けないけれど、
その地に思いを馳せることは出来る。
お金は持っていないけれど、
その地に住む人が豊かでありますように、幸せになりますようにと祈ることはできる。

それくらいならできるのではないか、
と、思ったわけです。


「祈り」はただの宗教上の行為ではない


日本人が「祈り」と聞くと、

宗教ですか?
自分は特に何も信じていないですけどね。

と反応する人も多いと思います。

しかし、祈ることって意外と身近なことではないかと。

神社に行けばお願いする。
お墓に行けば手を合わせて祈る。
これも一種の「祈り」、「祈祷」です。

また、祈りって結構重要なのではないかと。

古代において病気を治すときは
地域の祈祷師や呪術師なんかを呼んで、治療してもらっていたわけです。

そして、最近でも、
祈りと医療が関連付けられて考えられることもあるそうです。

医者が学んだ祈りの力 自然治癒のパワーを細胞に取り込む生き方 -
医者が学んだ祈りの力 自然治癒のパワーを細胞に取り込む生き方 -

祈りって人を助けるんですね。

具体的に大きな力にはならないかもしれないけれど、
私の小さな「祈り」が誰かの支えになっている……
かもしれない。

そう思いながら、世界のために何かできないかと身もだえしているそこのあなた!
祈ってみましょう。

何か見えるかも……!?



以上 信(まこ)でした!

posted by 広大CARP at 00:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 一言 | 更新情報をチェックする

熊本地震の被災者の方々にお悔やみとお見舞いを申し上げます。

熊本県を震源とする地震により亡くなられた方々とご遺族の皆様に対して、
謹んでお悔やみを申し上げます。
また、地震で被害に遭われた皆様に、
心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復興を願うとともに、
被災された方々が平穏な日々を取り戻すことが出来るよう
お祈り申し上げます。
posted by 広大CARP at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

広大 New Hope!!!

お元気様です。

久しぶりに投稿させていただきます。 名前はコールです。

忘れられていなければ嬉しい次第でございます。

始まりました!広大 New Hope! (いきなりですが)

広大 New Hopeって何?という方はブログのトップにあるのでそちらを。

地域交流の一環でこれから毎週火、土に幼稚園に行き、そこで園児たちと交流していきながら、
2016年前期は「広大CARP主催で幼稚園との共同イベントを開催する」という目標でプロジェクトを行っていきます。

実際に先週の土曜日に幼稚園に行ってきました!

そこで園児や先生方と触れ合いながら、とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。

幼稚園で印象に残った出会いがありました。
人見知りで女の子がいて、私が話しかけようとしても逃げられてばかりでした。
しかしこの子とOne family文化を築くんだ!という思いで接していきました。
そうする中で最後は共に笑い遊ぶようになり、そして他の園児も混ぜて遊ぶようになったんです。

まさに私が架け橋になったという感覚がありました。


これからも幼稚園プロジェクトとして更新していこうと思いますので楽しみに待っていてください。

短いですが、

以上コールからでした。
posted by 広大CARP at 09:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 地域活動 | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

新年度挨拶!

お元気様です


皆さん、長らく更新できておらず申し訳ありませんでした...。


2016年度初めはこのレイが担当させていただきます。


入学式も終わり、自分も式会場にいましたが、まだなれないようなスーツ姿の一年生が初々しかったですね~。


これから授業も始まっていきますが、よりよいスタートを切れるように頑張ってほしいものです。


フレッシュな一年生に負けないくらいの勢いで、2016年度も広大カープは地域、大学のために活動していきますよ!もちろん研究活動も。


原理研究会ですからね


今年度もよろしくおねがいします!



さて、初年度のあいさつも済ませたところで、最近は政治や経済のほうにも様々動きがありますね。


いろいろありすぎてどこから手を付けたらいいのやら...。


ということで今回は最近よく耳にするこの話題!



ずばり!アメリカ大統領選


について、ということで。


この話題に触れる前に自分は疑問を抱きました。



〝今回の大統領選っていつからやってたんだっけ?"〝2月くらいからよく新聞で取り上げられるようになってるなー。"〝今もやってるってことは結構大統領選って長いことやるんだなー..."


と、いろいろ考え.....自分意外とわかってない!?と気づかされました。


ということでアメリカ大統領選について少し調べてみました。



アメリカ大統領選では大きく分けて2種類の選挙が段階的に行われます。


一つ目が「予備選挙」です。アメリカには二つの政党があり「民主党」と「共和党」の二つが大きな力を持っています。


各党から数名の候補者あがり、党の中での代表者を決めます。それが「予備選挙」と言われます。今まさに行われているのがこの「予備選挙」です。



ちなみに民主党は6人、8年ぶりの政権奪還を狙う共和党は18人が立候補を表明したそうです。



これがなんと6月7日まで続くそう...予備選挙は2月頭から始まったのでかなりの長期戦ですね。



そして党の候補者が決まると次に「本選挙」が始まります。この本選挙で国民の投票により大統領が決定します。この期間も約2か月あり、最終的に大統領が決定するのは11月8日だそうです。



という感じで、日本と大きく違う大統領選挙ですが、今回の候補者が大統領になった場合に日本にどのような影響をもたらすのか気になりますね。


現段階でよく聞くのは、共和党の有力候補者であるトランプ氏、そして民主党の有力候補者であるクリントン氏。


安全保障という面で考えると、共和党のトランプ氏は今の安全保障体制に対し、「日本がアメリカを援護しないなんておかしい!不平等だ!」と発言していましたね。



日本は安保法案の改正がありましたが、まだ自国の力だけでは守り切れない部分があり、アメリカに守ってもらう必要があります。


特に中国からの脅威が心配です。


クリントン氏が大統領になった場合、初の女性大統領誕生ということになりますが、クリントン氏がどのような思想を持っているかはっきりとわからないので発言は控えておきます。



アメリカは世界の政治、経済を大きく引っ張ってきた存在であるので、アメリカのトップが誰になるのは世界に大きな影響を及ぼします。


もちろん日本にとってどのような影響をもたらすか、というのも重要ですが、このことにより世界全体がどこに動いていくのかが一番注目すべき点だなと思いますね。



世界が一つになっていくためには、という視点で見ている人はどれだけいるでしょうか。




そのようなひとが一人でも多く増えていけばそれは遠くないのかなと思います。




日本、世界の動きをそのように見ていきたいと記事を書きながら思わされました。




書きたいことがまとまっているかはわかりませんが、今回はこの辺で....。




以上レイでした!
posted by 広大CARP at 02:25| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

広大維新塾 最終発表

お元気様です!

そして、あけましておめでとうございます!

1月も下旬に入り、遅きに失した感はありますが…

なかなか更新できなくて、ごめんなさい…!(>_<)



2016年初投稿は、


初めまして!「ぼす」が担当します

BOSS」でも「ボス」でもなく、「ぼす」です。



新しいメンバーも加わって、広大CARPは日々成長発展しています!

2016年も、より大きく飛躍できるように、様々な活動を展開していくので、よろしくお願いします



さて、去る1月13日、広大維新塾最終発表が行われました!!

後期の広大維新塾の集大成ということで、教授1名議員1名をお迎えしていきました!!

お忙しい中来て下さり、本当にありがとうございました。



中間発表では、安保問題青少年問題について取り扱いましたが、
今回の最終発表では、安保問題に絞って発表を行いました。

具体的には、
従軍慰安婦
集団的自衛権
の二つです。



”社会問題に対する理解を深め、
平和な世界を築くための解決策を提示する若者を育成します!”


という趣旨と、

「私が首相だったら、こんな法案作ります!」

というテーマを掲げて勧めてきた維新塾。

今回は、学生自ら考えた2つの法案を提示し、
問題解決に向けてどちらがより効果的かをディスカッションしていきました。


従軍慰安婦では、
元慰安婦の人たちへの補償に焦点を当てて、

1.両国の合意に関する文書に調印してから21年間で不可逆的解決とする

2.被害者のみ会員の団体を設立し、その組織に対して首相の直接公開謝罪と生涯の保証を行う


の2つの法案を提示。


5つのグループに分かれて話しあった結果、
全会一致で1の法案が可決されました。

ホットな話題ということもあり、熱い議論が交わされました。



次に集団的自衛権では、
最大の争点となっている憲法問題について解決しようということで、

1.改憲せず、政府の政策的選択とする。

2.改憲し、日本国憲法9条3項を追加する。
3項「前項の規定は、個別的又は集団的自衛権及び、自衛のための必要最小限度の戦力の保持を害するものではない。」


の二つの法案(政策案)。


議論の結果、こちらも全会一致で2の政策案が選ばれました。

改憲して、すっきり自衛権を行使できるようにしようという意見が多かったです。



今回もOBの先輩や、留学生の方を交えての議論は、非常に深まりがあって勉強になりました。

参加者の感想としては、
「普段はなかなか考えることのないことについて話し合えて非常にいい経験になった。」
「参加者が広い視野を持つことに繋がる有意義な取り組みだと思います。」

私も、国、社会をもっと良くしていきたいという思いを持った学生、大人たちが集まり、
真剣に語り合う姿に感動しました

世界の問題を自分の問題として捉え、
世界を自分の懐に抱くことが出来る人

になっていきたいですね。



今年度の広大維新塾は最終発表をもって、一旦一区切り。
次回はよりパワーアップして、来年度前期から再始動です!!

社会問題に興味がある人
日本を変えたい!世界を変えたい!という志を持った人
なんか楽しそうだから行きたいという人
どなたでも大歓迎です


これからも
広大CARP広大維新塾
よろしくお願いします



以上「ぼす」でした
posted by 広大CARP at 19:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 広大維新塾 | 更新情報をチェックする